ランドセルランキング

ジェンダーレスで新しいランドセルランキング

ランドセルというと、以前までは男の子は“黒”で女の子は“赤”が定番となっていました。
しかし最近は、カラフルなランドセルも増えていて、そのような固定概念はほぼなくなっています。
もちろん親世代が持つイメージから、男の子は黒系、女の子は赤系を選ぶという傾向は完全になくなった訳ではありません。
しかし、以前よりも一人ひとりが好きな色のランドセルを持てるようになっているので、通学している小学生の後姿を見てみると、とてもカラフルです。
今回は、変わりゆくランドセルの選び方についてご紹介します。

 

 

ランドセルのジェンダー問題について

最近は、冒頭にも述べたようにランドセル選びの幅が広がっています。
カラフルなラインナップが用意されているため、一人ひとりの好みに合う色を見つけやすくなったため、親御さんが思っているような色を選ばない可能性も高いです。
親御さんの視点から見ると、「ピンクだと高学年になったら飽きてしまうのではないか」とか「女の子が紺色を選んだら周りから浮いてしまうのではないか」、「男の子なのにパステルカラーだとからかわれたりしないか」などの不安が生まれてしまうものです。
しかし、最近のランドセルはジェンダーレス化が進んでいるので、男の子だから、女の子だからと決めつけた色選びをしなくなっていることも念頭に置いておく必要があります。
もちろん購入するのは親御さんなのでそちらの意見も大切にしなければいけませんが、子どもの最終的な決定をさせるケースも増えています。
デザインや色で飽きてしまいそうだと思うなら、近所の中学生などを見た時に「あのお姉さんくらいまで使うカバンだよ」と説明するのがおすすめです。
汚れが目立ちそうな色だと思うなら、傷や汚れがつきにくい材質のランドセルを選ぶと良いでしょう。
周りとは違う色のランドセルを使うことでからかわることが不安な場合は、外側はベーシックな色で内側やステッチ部分などちょっとした部分に好きな色を使っているタイプを進めるなどしてみましょう。

 

ランドセルもジェンダーレスに!選ぶときのポイントはどう変わった?

ランドセルには、男の子=黒、女の子=赤という固定概念があります。
今でもそれが定番ではありますが、固定概念は徐々に薄れつつあるのです。
土屋鞄製造所が行ったラン活をしている親御さんに対するアンケート結果を見てみると、「色の固定観念ない方がよい」を選んだ人が8割を超えています。
同じアンケートで、ランドセルを選ぶときに重視しているポイントは「子どもが好きな色・デザインであること」という回答がおよそ7割となっています。
そして、自分が小学生だった頃のランドセルの色は、「赤」または「黒」がおよそ9割を占めているのです。
「赤」や「黒」はランドセルの定番カラーで、他の色を選ぶ余地がなかったという人がほとんどです。
そのため、他のカラーやデザインから自分の意志で選びたかったと振り返る人も多く見られます。

ジェンダーレスに関しては、およそ8割の親御さんが共感すると回答しています。
様々な場面でジェンダーレス化が進んでいることから、ランドセルの色も性別で決めるのはどうなのかと疑問視する人が増えているのでしょう。
こうした変化に対応するため、ランドセルメーカーはジェンダーレスを意識したデザインや色のランドセルを新たに打ち出しています。
可愛すぎるデザインやキラキラと光る装飾、原色系のカラーではないランドセルが増えているのはそのためです。
シンプルなデザインで中性的な印象を持つランドセルは、ここ数年でかなり増えています。
それは、カラーバリエーションやデザインを男の子向け・女の子向けで考えるのではなく、どちらが使っても問題ないように変化しているからです。

 

 

ジェンダーレスなランドセルランキング

ジェンダーレスなランドセルは増えつつあります。
その中でも人気が高い商品をいくつかピックアップし、ランキング形式でみていきましょう。

 

第1位 RECO(レコ)シリーズ

TSUTIYA RANDOSERUが手掛けるRECOシリーズは、性別の枠に囚われずに自由な色選びができるランドセルです。
自由に色を選べるようなラインナップになっています。
RECOシリーズには、RECOベーシックとRECOプラミアムの2種類があります。
RECOベーシックのカラーはブラック・ディープレッド・ネイビー・ブラウン・グレー、RECOプラミアムのカラーはプリズムオレンジ・プリズムブルー・プリズムカーキです。
どちらも原色系のカラーではなく、落ち着きのある色合いになっています。
また、型押しによる他にはないオリジナリティを盛り込んでいるのも、RECOシリーズの魅力を高める要素です。
内装は、前ベルトと時間割り入れを外すことにより、スマートな印象に仕上がっています。
フタの裏側には外側と同じ色を使用し、本体部分の内側はベージュをあしらっているため、非常にエレガントです。
大人っぽいランドセルなので、6年間使いやすいでしょう。

 

第2位 レフティア

レフティアは、株式会社イトーキが手掛けるオリジナルランドセルQNORQ(クノーク)の新しいラインナップです。
2022年モデルとなるレフティアは、QNORQで初めてのジェンダーレスランドセルです。
中性的な印象となるプレーンなデザインですが、他のランドセルとは異なる魅力が凝縮されています。
そんなレフティアは、フィンランドをイメージして生み出されました。
フィンランドに、古くから自然を愛する心や感謝する心が育まれていて、自然と深いつながりを持っている国です。
長い冬が終わると世界一美しいとされる夏がやってきます。
美しい自然が残されているフィンランドをイメージして作られたレフティアは、シンプルですが温もりを感じられるデザインになっています。
ランドセルの一部には、天然素材のヌメ革を使用しているため、大人っぽい印象も受けるでしょう。
ヌメ革は、使い込んでいくと風合いや色が変化するため、6年間飽きずに使い続けられます。
ランプブラック・ミッドナイトブルー・アクアマリン・オーガニックホワイト・ガーネットという5色展開になっているので、それぞれの好みに合うカラーを選択できるのも魅力的です。

 

第3位 オーロラダイナソーランドセル

ランドセル専門店イクラボが手掛けるオーロラダイナソーランドセルは、恐竜が好きな子どもをもっと増やしたいという思いから生み出されました。
女の子にも使ってもらえるように新しい色のランドセルを2022年4月から販売することも決まっています。
新色は、RED&REDです。
赤は、戦隊モノのリーダーカラーでもあるため、実は男の子が好きな色の上位に位置しています。
強くてカッコいいというイメージから、憧れの的になっているのです。
しかし赤だとどうしても女の子のイメージが強いため、男の子でも使いやすい濃い色の赤をチョイスしています。
恐竜は、男の子だけが好きなものではありません。
女の子でも恐竜が好きな子はいて、その親御さんから赤い色で恐竜のランドセルを作ってもらえないかという声も聞かれていたと言います。
黒い恐竜のデザインだと男の子らしさが勝ってしまいますが、赤であれば女の子でも使いやすいです。
オーロラダイナソーランドセルのかぶせ部分は迷彩柄をイメージしたデザインになっていて、他との差別化を図っています。
6年間使っていて飽きにくいランドセルとして注目度が高まっています。

ランドセルのカラーバリエーションやデザインは多様化し、性別に関係なく使えるタイプが増えています。
それは、世の中のジェンダーレス化と関わりがあると考えられるでしょう。
ジェンダーレスなランドセルを探しているなら、今回紹介した3つのモデルをぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. ラン活シーズンにチェックしたい人気のランドセルランキング
  2. 大人向けのランドセルも!?シックなデザインのランドセルランキング…
  3. 使い勝手抜群!注目の半かぶせランドセルランキング
  4. 男の子の人気はブラックだけじゃない!今年のトレンドカラーランキン…
  5. わんぱく向き!丈夫なランドセルランキング
  6. 職人の技術が感じられるランドセルランキング
  7. 軽さで選ぶ🎇ランドセルランキング
  8. 🧙‍♂️Q-pot.の世界初コラボで君もハリーポッターになろう✨…

💡小学生あるある💡

  1. 半袖小僧

📅カレンダー📅

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

🎒ランドセルブランド一覧🎒

PAGE TOP