ランドセルコラム

ランドセルはシンプルに!6年間使いやすいデザインランドセル

最近は、ランドセルというとカラフルなものや刺しゅうがオシャレなものまで、デザインも幅広く販売されています。
しかし、中には6年間使うものだからとシンプルで丈夫なものを選びたいと考えている親御さんも多いのではないでしょうか?
今回は、そんなシンプルでありながら6年間使いやすいデザインのランドセルをご紹介します。

 

シンプルなランドセルをおすすめする理由

子ども自身が使うものだから、本人に選ばせてあげるのが一番良いと考えている親御さんもいるかもしれません。
では、なぜシンプルなランドセルがおすすめなのでしょうか?
シンプルなランドセルをおすすめする理由はたくさんあります。

 

デザインに飽きがこない

男の子であればヒーローもの、女の子であればプリンセスもの、というように、子どもは自分の好みのデザインをチョイスする傾向があります。
6年間使うとはいえ、長い目でみてこれが良いと判断できないので当然とも言えます。
しかし、派手なデザインで装飾が付いているようなランドセルは、低学年のうちは嬉しそうに背負っていても、成長とともに恥ずかしいと感じる可能性があるのです。
デザインがシンプルだと、最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、小学校を卒業する頃の12歳になればそんな風に思うこともなくなるでしょう。
また、ヒーローやプリンセスなどの派手なキャラクターデザインのものは、成長とともに流行遅れになってしまう可能性があります。
あまりにも派手なデザインを選ぶと、卒業前に買い替えすることになってしまうため注意が必要です。

 

幅広い世代に受け入れられる

ランドセルを購入するのは、親御さんではなく祖父母という家庭も多いでしょう。
祖父母世代は、赤や黒といったランドセルの定番カラーを好む傾向にあるほか、派手なデザインよりシンプルなものの方を勧めてくることが多いです。
シンプルで品質も良く、耐久性が高いものを長く使って欲しいと考えているからです。
親世代はもちろん、祖父母世代など幅広い世代に受け入れられやすいのもシンプルなランドセルの特徴なのです。

 

素材の質が高い

シンプルなデザインのランドセルは、素材にこだわっているものがほとんどです。
天然革を使用しているものや、人口皮革でも上質なものを使用しているものなど、品質が高いものが多いのです。
最近では、小学校卒業とともに6年間使用したランドセルから、小物やポーチなどをリメイクする人も増えています。
品質が高いランドセルなら、リメイクもしやすくおすすめです。

 

ランドセルカバーを使用する学校も

小学校によっては、ランドセルカバーを付けるのが必須の所があります。
カバーも、透明ならいいですが学校指定のものであれば交通安全などのデザインが施されているものも多いです。
つまり、どんなに派手なデザインでもカバーで隠れてしまうのです。
好きなデザインを選んでも、それが隠れてしまっては意味がありませんし、それならばシンプルを選ぼうと子どもも納得しやすくなります。
一方で、カバーもまたランドセル同様バリエーションが豊富です。
特に学校から指定がないなら、カバーを自由にカスタマイズして自分好みにするというのもおすすめです。

以上のように、シンプルなランドセルをおすすめする理由はたくさんあります。
もちろん、派手で装飾が付いているようなデザインが悪いわけではありません。
子どもと相談の上で選んであげるのが良いでしょう。

 

シンプルなランドセルでおすすめのメーカー

では、シンプルなデザインでおすすめのメーカーをいくつかご紹介しましょう。

 

セイバン

セイバンはシンプルなデザインにこだわったランドセルの定番です。
天使の跳ねや背中Wクッションといったセイバンならではの背負いやすさ人気です。
男の子であれば、「ロイヤルモデルベーシック」、女の子であれば「モデルロイヤルクラシック」などがあります。
ロイヤルモデルベーシックは、シンプルなデザインながらステッチに赤や青などのカラフルなアクセントを取り入れたスタイリッシュなデザインが特徴です。
モデルロイヤルクラシックは、シックでシンプルなデザインが特徴で、どの年齢にも似合いやすくなっています。

 

フィットちゃん

続いておすすめするのは「フィットちゃん201」です。背負い心地の良さを追求した設計と優れた耐久性など機能面が充実しています。
装飾や刺しゅうなどがないデザインなので、とにかくシンプルなデザインが良いという人におすすめです。
男の子のものは内装もベーシックなデザインになっていますが、女の子のものは内装もかわいいカラーを取り入れています。
カラーもかっこよさ・かわいらしさを考え洗練されています。

 

カバンのフジタ

カバンのフジタも、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。
男の子向けの「Black caps」は、本体はもちろん背あてなども全てオールブラックカラーとなっていて、見えない所でもカッコいいデザインです。
女の子向けの「Dream LOVE」は、全体がシンプルなデザインですが、レースステッチやリボンモチーフなどかわいらしさも忘れていません。
内装もドット柄を採用しており、シンプルだけどかわいいデザインが良いという女の子におすすめです。

 

羽倉

「耐性牛革スタンダード」は、羽倉でも最もシンプルなデザインとなっており、かぶせやモチーフなどの装飾もなくベーシックなデザインですが、内装にはクラシカルで上品なチェックを採用しています。
カラーバリエーションが豊富で、全部で18色展開しています。
ネームプレートや持ち手などをオプションとして付けることもでき、カスタマイズしたい人にもおすすめです。

 

ランドセル選びで子どもにシンプルなデザインを勧めるには

子どものランドセル選びで迷った時にはどうすれば良いのでしょうか?
注意したいのは、頭ごなしに否定することです。
他の選択肢があることや、子どもが気に入ったデザインでも客観的に見せてみるなど、工夫が必要です。
最近のランドセルはカラーバリエーションが豊富なので、希望する色でもカッコいい色やかわいらしい雰囲気の色など、様々な色合いのものがあります。
同じ色でも他のメーカーと比較したり、実際に背負って鏡をみたりしても良いでしょう。
全体的にシンプルなものでも、サイドやかぶせ部分、ステッチなどはカッコいい・かわいいデザインが採用されているものもたくさんあります。
また、内装がオシャレなものも多いので、違う部分に目を向けてみることも大切です。
しかし、シンプルなデザインを勧めたいけど、子どもと意見が割れてしまう場合もあるでしょう。
そんな時は、身長が伸びて6年生になる頃でも似合うデザインかどうか、途中でデザインが嫌になっても買い替えができないことを伝えてみてください。
また、身近に兄・姉がいる場合や、近所に年上の子がいるなら、派手なランドセルを背負っているイメージをさせてみましょう。
自分が成長した姿や身近なお兄さん・お姉さんが背負っているイメージをさせることで、シンプルなものを勧めやすくなります。
ランドセルを購入するタイミングは、5歳・6歳の時がほとんどです。
5、6歳の小さな子どもには、シンプルなデザインの良さがわからなくても仕方ありません。
一方で、何度も買うものではなく、決して安い買い物でもないため、親御さんの勧め方がポイントになります。
最終的に背負って使うには子ども自身なので、子どもの気持ちに寄り添いながら最適なデザインを選んであげることが大切です。

今回は、シンプルなランドセルの魅力とおすすめするメーカーなどをご紹介してきました。
最近は、ランドセルのデザインやカラーバリエーションが豊富で、1つに絞るだけでも簡単ではありません。
ランドセル選びの際には、実際に使う子どもの意見を取り入れつつ、6年間使っても飽きがこないデザインを選ぶことをおすすめします。
子どもはもちろん、親御さんにとってもベストな選択をして、お気に入りのランドセルを見つけてみてください。

関連記事

  1. 後悔したくない!失敗談から学ぶランドセルの選び方
  2. 通気性もランドセル選びの基準に
  3. 置き勉、電子化でランドセルは不要になる?
  4. ランドセルは軽さと容量、どっちが重要?
  5. 兄弟・姉妹のランドセルは、同じものがいい?
  6. カラーが与えるランドセルの印象
  7. ランドセルの重さという課題をクリア!背負いやすいランドセル
  8. 丈夫なランドセルの選び方

💡小学生あるある💡

  1. 半袖小僧

📅カレンダー📅

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

🎒ランドセルブランド一覧🎒

PAGE TOP