注目のランドセル

クラシックとモダンの融合!TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)のランドセル

アメリカを代表する人気ブランドであるTOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)は、大人から子どもまで幅広い商品を取り扱っています。
クラシカルで上品さがあり、シンプルでありながら可愛らしさを感じるのが特徴です。
そんなTOMMY HILFIGERでは、ファッションアイテム以外にランドセルも販売しています。
ここでは、注目のTOMMY HILFIGERのランドセルの機能やデザインなどの特徴についてご紹介していきます。

 

TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)とはどんなブランド?歴史も含めてご紹介!

TOMMY HILFIGERは、どのようなブランドなのでしょうか?
ここでは、TOMMY HILFIGERのブランドの特徴や歴史についても解説していきます。

 

1984年にブランド設立

創業者のTOMMY HILFIGERは、当時高校生だった友人と一緒に1969年に150ドルの資金で小さなお店をオープンさせました。
これをきっかけに独学でファッションについて学んでいき、ニューヨーク市内に拠点を移すことに決めました。
1984年にはメンズウェアを立ち上げたいと考えていたモーハン・マジャーニがトニーに声をかけ、新しいメンズスポーツウェアが確立しました。
その後、90年代を代表するアーティストがTOMMY HILFIGERを着用したことで一気に注目されるようになり、多くの業績が評価されたのです。
さらに、このアメリカンスタイルはメインブランド、デニムブランドを中心にして、ウィメンズや子ども用、アクセサリーやフィットウェアも展開していきました。

 

2019年以降人気で争奪戦に

TOMMY HILFIGERでは、2019年の3月にランドセルの販売を開始しました。
発売当初からTOMMY HILFIGERファンにとっては、まさかの展開であったため、話題を呼ぶ事態となったのです。
その結果、一時的には争奪戦になる程の人気でした。
これはブランドの力だけでなく、デザインの可愛さや細かな部分にまで手が込んでいることが注目されていました。
さらに、ブランド品では機能性は二の次になりやすいのですが、TOMMY HILFIGERの場合は実用性の高い素材に加えて、軽くて丈夫なクラリーノ素材を使用し、6年間安心して使用できるものにしています。
ランドセル工業会による規格もクリアしているため、認定証も付いています。
そのため、機能性とデザインが完璧の申し分のないランドセルになっているということです。

 

親子でファッションもランドセルも揃えられる

TOMMY HILFIGERは、シンプルでデザイン性の高いアイテムを豊富に揃えています。
TOMMY HILFIGERだと見ただけでわかるものの、アイテムや色合いにクセがないので上品な着こなしができるのが特徴です。
そんな、TOMMY HILFIGERのファッションは大人から子どもまで幅広いラインナップがされていて、親子でファッションを楽しむことができます。
入学式などセレモニーの際に使用できるアイテムも販売されていて、ブレザーやワンピース、シャツや靴下などのアイテムを取り扱っています。
さらにランドセルとお揃いで、トートバッグやシューズバッグなどもあり、親子で日常からセレモニーまで揃えられるのがポイントです。
さらに、着替えに必要なアイテムを入れるドローストリングバッグもあります。
ランドセルを使用しない校外学習の時には、子ども用のバックパックもあるので
TOMMY HILFIGERで全てを揃えたいと考える方には最適のブランドでしょう。

 

TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)のランドセルにはこんな機能やカラーも!

TOMMY HILFIGERでは、ランドセルのデザインをFLAGとCLASSICにわけています。
大胆さの中に洗練されたデザインが輝き、毎日登校したくなるようなランドセルになっています。
ここでは、TOMMY HILFIGERのランドセルカラーや機能について詳しく解説していきます。

 

機能について

TOMMY HILFIGERのランドセルは、デザインだけでなく機能性にもこだわっています。
長時間ランドセルを背負っても負担にならないように、背当て部分にはウレタンを内蔵し、背当てでそっと支えるクッションを入れました。
さらに、耐久性の高い「クラリーノエフ」を採用しただけでなく、「フィットちゃん」搭載の肩ベルトで負担を大幅に軽減してくれるでしょう。
ベルト下部の金具の調整で、背負い心地を常に変えられます。
荷物が多くても収納しやすいように、A4フラットファイルの収納、サイドのナスカンなどを装備してあるので、教科書や体操着、水筒なども余裕で収納可能です。
毎日使うランドセルなので、形状補修加工の「しっかりくん」を採用し、形状補修樹脂加工により、折れや崩れを防ぐことができます。
日本製の確かな品質により、ランドセル工業会の規格もクリアしていていますが、6年間保証によってさらに安心して使用できるランドセルです。

伝統的なTOMMY HILFIGERらしいブランド「CLASSIC」

「CLASSIC」は、洗練されたデザイン性に加えて機能性高めたランドセルです。
自由な動きを制限しないものの、生き生きと学びや育ちができるような願いが込められています。
日本で親しみのあるランドセルの形はそのままにして、上品さの中に遊び心を感じられるようなデザインになっています。
ブランドカラーは、さりげなく感じられるように胴締めやファスナー部分に使用され、ロゴは型押しでアクセントとして使用されています。
ランドセルのかぶせが動きによって開閉しないように、錠前を合わせるだけで鍵かかかるワンタッチロック、持ち手やベルト部分には反射するようにリフレクター使用、便利なDカンを装備して安全な登校ができるような工夫がされています。
カラーはソフトベージュ、キャメル、ブラック、ネイビー、レッドの5色です。
内装部分にはロゴが入っていて、どの色合いも性別を問わない色合いになっています。
主な素材はクラリーノエフで、重さは約1,190gです。
本体価格は85,800円(税込)で、TOMMY HILFIGERの店舗またはアウトレットパークなどでも販売されています。

TOMMY HILFIGERらしさを強調「FLAG」

「FLAG」は、よりTOMMY HILFIGERらしさをプラスしたランドセルです。
毎日使うだけで元気が出るように、TOMMY HILFIGERらしいファッション性と機能性を高めたランドセルになっています。
今まで歴史のあるランドセルという形はきちんと残し、それでいてTOMMY HILFIGERらしいスタイルを取り入れてのが「FLAG」の特徴です。
ブランドらしく、フラッグロゴをかぶせと脇にデザインし、前ポケットから見えるストライプデザインはよりモダンな印象に仕上げてくれます。
少し丸みのあるかぶせの内側もフラッグロゴが使用され、開けるたびにTOMMY HILFIGERらしさを感じます。
このかぶせが、通学中に開かないようにワンタッチロック式を取り入れ、簡単に開閉できるようになりました。
持ち手とベルトの縁にリフレクターを使い、ランドセルカバーを使っても隠れにくいように工夫されています。
ベルトにはオリジナルの防犯ブザーが取り付けられるようにDカンを装備し、安全を守るための配慮も欠かせない仕組みです。
他にも巾着袋が付属品なので、サイドのナスカンに取り付けることもできます。
カラーはキャメル、ブラック、ネイビー、レッドの4色です。
さらに、高島屋限定カラーとしてスカイブルーもありますが、この色は高島屋各店と提携店のみとなります。
主な素材はクラリーノエフで、重さは約1,220gです。
本体価格は89,100円(税込)です。

アメリカの人気ブランドであるTOMMY HILFIGEのランドセルをご紹介しました。
TOMMY HILFIGEらしさを感じるカラーとデザインは、親子に虜になってしまうようなランドセルです。
他のブランドとは違うクラシカルな色合いは、性別を問わず6年間使いやすいでしょう。
人気のランドセルなので、気になる方は早めにチェックしてみてください。

関連記事

  1. デザインだけではなく機能性も優れたランドセルが特徴のサンポケット…
  2. 高級感と特別感。ラルフローレンのランドセルの魅力
  3. atara(アタラ)についてご紹介❗❕
  4. 名古屋の老舗ブランドで人気!村瀬鞄行のランドセル
  5. 毎年すぐに完売?!黒川鞄ランドセルの魅力
  6. 老舗ランドセルメーカーフジタが手掛ける光るランドセルをご紹介!
  7. 職人の手縫い仕上げのランドセル。キッズアミの魅力
  8. まるでおとぎ話の世界!LIRICO(リリコ)の魅力とは?

💡小学生あるある💡

  1. 半袖小僧

📅カレンダー📅

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

🎒ランドセルブランド一覧🎒

PAGE TOP