注目のランドセル

老舗ランドセルメーカーフジタが手掛ける光るランドセルをご紹介!

小学生の通学用のかばんと言えばランドセルでしょう。
下校時刻になると、ランドセルを背負った子供たちが列を連ねて、歩いている光景をよく目にします。
様々なことが多様化する現代ですが、ランドセルの原型は今も昔も変わりません。
しかし、全く変化していないわけではなく、デザインやカラー、機能性など進化し続けている部分もあります。
今回は、進化し続けるランドセルを作っている「フジタ」の光るランドセルをご紹介します。

 

 

光るランドセルとは?

皆さんは、光るランドセルという商品をご存じでしょうか?
近年、スタンダードなランドセルはもちろん、デザイン性、機能性に優れたランドセルが非常に人気です。
フジタが提案するのは、背面の下部やサイド、肩ベルトに反射材を用いており、安全を重視した魅力的なランドセルです。
暗くなってくる時間帯でも、反射材がお子さんの存在を知らせてくれますよ。
この光るランドセルは、暗くなった夜以外の時間帯でもキラキラ輝きます。
このように安全性に優れているので、保護者からの評価も高く、人気が急上昇しています。
また、安全面だけではなく、デザイン性にも優れているのでお子さんも大喜びの一品です。
かっこよくてオシャレなフジタの光るランドセルは、ネットで話題になったり、新聞に掲載されたりしました。
耐久性や美しさ、快適さにこだわりを持って厳選された素材を使用しているので、非常に丈夫で長年キレイを保ちながら使い続けることができます。

 

女の子・男の子、商品ラインナップ

女の子と男の子で商品ラインナップが異なるので、今回はそれぞれの商品のデザインやカラーについてご紹介します。

小学生の女の子は、ピンクやリボン、ハートなど可愛いものが大好きな年ごろです。
ランドセルにも可愛いデザインがあしらわれていたら、お子さんも嬉しいと感じることでしょう。
以前から光るランドセルで話題になり、注目を浴びていたフジタですが、今回待望の女の子モデルが追加となり、世間からの注目度がさらに高まりました。
今まで光るランドセルは男の子の商品のみの取り扱いだったので、女の子の商品が追加されたことによって、これからますます人気が出るのではないでしょうか?
今回追加されたモデルは、可愛いものが大好きな女の子に向けたプティハートというシリーズです。
2022年の新型モデルであるプティハートは、「赤×ピンク」「ビビットピンク×ピンク」「バーガンディ×ピンク」「キャメル×ピンク」「パープル×ピンク」の5色展開で、サイドにあるリボンがピンク色にキラキラ輝きます。
どのカラーのランドセルを選ぼうか迷ってしまいまう人もいるのではないでしょうか。
サイドのぷにっとした質感のリボンは、女の子らしさがあって魅力的です。
ピンクとリボンという女の子が大好きな組み合わせになっています。

一方で小学生の男の子は、かっこいいデザインのものに興味を持つ年ごろです。
この時期の男の子はとにかく好奇心が旺盛なので、光るランドセルを欲しがる子も多いのではないでしょうか?
男の子の光るランドセルは、サイドにツバサのデザインが入っており、その部分に反射材が使われています。
そのため、見た目もかっこいいですし、存在を周囲に知らせることができるので安心です。
男の子向けラインナップには、ブラックキャプスフラッシュ、レインボーフォース、サンダーウィングの3種類があります。
それぞれデザインも値段も異なるので、どのような特徴があるのか、用途に合っているのかを購入前に必ず確認してください。
2022年の新型モデルであるブラックキャプスフラッシュは、「黒×黒」「黒×青」「黒×モスグリーン」「黒×赤」「黒×ゴールド」の5色展開になっています。
このシリーズは、さりげなくふちにカラーが入っている大人っぽいデザインなので、6年間飽きずに使えるでしょう。
人気ナンバーワンのレインボーフォースは、「黒×黒」「黒×青」「黒×赤」「黒×グリーン」「黒×ゴールド」「マリンブルー」のカラー展開があります。
光るランドセルシリーズの中では、1番カラー展開が多いです。
サンダーウィングは、ブラックキャプスフラッシュ、レインボーフォースよりもお手頃な価格で購入できます。
カラー展開は、「黒×ゴールド」「黒×青」「マリンブルー」の3つです。
このランドセルはクラリーノエフ製で、防水加工もされてあるので、遊び盛りの男の子が使っても全く心配はいりません。
小学生の子供たちの心を鷲掴みにするような素敵なデザインばかりなので、ぜひ商品ラインナップを見てみてください。
多くの人々に愛されているロングセラー商品はもちろん、2022年度の新型モデルにも期待が高まります。

 

 

「カバンのフジタ」って一体どんな会社?

子供たちのためにランドセルを作り続けて60年以上経つフジタは、時代の流れと共に進化を続けてきました。
2011年の学習指導要領改正以降、学校の教科書のページは大幅に増え、それに伴い全国の小学生への負担が大きくなってしまいました。
子供たちのことを想い、フジタは大容量でコンパクトな軽量のキューブ型ランドセルを開発したのです。
特殊なミシンを使って作られているキューブ型のランドセルは、子供に負担がかからないように作られています。
そのため、女の子や体力に自信がないお子さんでも楽々背負えます。
背負い心地や重さ、素材にこだわりを持っており、どの製品も非常に上質です。
登下校でたくさんの荷物を運んでいると、どうしても肩や背中が疲れてしまうものです。
そういったことを防ぐために、フジタは肩・胸・脇腹にフィットする「Xベルト」を採用しました。
従来のベルトは、肩だけに重さがかかってしまっていたため、負担を感じやすくなっていました。
しかし、フジタが採用した「Xベルト」は、肩・胸・脇腹で重さを支えるので、負担が分散されて疲れにくいのです。
また、肩ベルトの接続部部には「フリフリ背カン」を採用しているので、本体と肩ベルトはくっついておらず、子供の動きによって対応してくれます。
小学生は活発な時期なので、子供の動きを制限することなく使えるのが嬉しいポイントの1つになっています。
それだけではなく、フジタは天然の素材にこだわっているため、見た目も上品で背負い心地も抜群です。
フジタは光るランドセルシリーズ以外にも様々な商品展開があり、どれも人気が高まっています。

さらに、背当ては全製品に共通して「ふっくら天然牛革」が使用されています。
天然牛革は、合成皮革よりも劣化しにくいことや、持ち主の身体に馴染むとこと、通気性の良さなどが魅力です。
ランドセルは6年間同じものを使うので、劣化しにくい天然牛革を使用しているものをオススメします。
また、天然牛革は、体に馴染みやすいという特徴があり、成長に伴う体格・体型の変化にも応じてくれるので安心です。
背面は背中と密着する部分なので、天然牛革のように通気性に優れていると、背中ムレの心配もいりません。
機能性やデザイン性、素材にこだわっているブランドのランドセルは、小学生の登下校を快適なものにしてくれます
魅力がたくさん詰まったものを作り続けるフジタのランドセルは、知れば知るほど子供たちのために作っているんだなというのが伝わります。

6年間の小学校生活をより豊かなものにするために、一生に一度のランドセル選びは非常に重要です。
1人ひとりの好みや使い方によって最適なランドセルは異なりますが、安全性を特に意識して選びたいのであれば、今回紹介した光るランドセルがおすすめです。
一生に一度のランドセルを、フジタで探してみてはいかがでしょうか?
どんなランドセルかもっと詳しく知りたい場合は、カタログを請求したり、ショールームに足を運んでみたりするとよいでしょう。

関連記事

  1. クラシックとモダンの融合!TOMMY HILFIGER(トミー …
  2. POLO RALPH LAURENが手掛けるランドセルの魅力を徹…
  3. 女の子に大人気!メゾピアノランドセルの魅力
  4. まるでおとぎ話の世界!LIRICO(リリコ)の魅力とは?
  5. 百貨店モデルをメインに製造!可愛い「Nino Y Nina(ニノ…
  6. 世界に1つだけのランドセル?ヌメ革ランドセルの魅力
  7. 笑顔を届けるランドセルメーカー「鞄工房山本」
  8. シンプルなデザインながらも個性を出せるカラーが魅力!萬勇鞄のラン…

💡小学生あるある💡

  1. 半袖小僧

📅カレンダー📅

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

🎒ランドセルブランド一覧🎒

PAGE TOP